断捨離ってやっぱりすごいのと着物に靴はやめとこかの話

さいきんのこと、徒然日記

なんだか「もやー」とする気持ちが続いていました
やらなくてはいけないこと、やるべきこと、そうするほうがいいよね、と思うこと
いっぱいいっぱい頭の中にあるのですが、体がついてこない
そんな日々でした

ひとつテンションが下がったこと・・ヒーリングの解剖学テスト、今回不合格でした
点数は合格ラインまであと3点でした
その結果を知った時、落胆の気持ちと(あーあ、落ちちゃった)、
納得した気持ちと(そんなに勉強ちゃんとしなかったものね、自業自得)、
びっくりした気持ちと(勉強しなかった割にボーダーラインのぎりぎりまではいったんだ)、

うれしいような気持ちも(実はテストを受けて体のことについての理解が深まって半ば「あー、これで合格しちゃったらきっとこれ以上は解剖学を勉強しようとは思わないよね・・もっとちゃんと勉強もう一回してみたいな」)

ということなので、また勉強しなおしですが、なんとなく楽しみな気持ちもあったりな、複雑な乙女?いや妙齢心(笑)

いろいろな気持ちがある中で、いきついたのが・・・

「そうだ、そうじをしよう」(JRのCM風に)

でした


そう思って、そうじをしはじめる
物入れ、ウォークインクローゼット、文房具入れなどとにかくどんどん中身を全部出してチェック
いらないもの、使っていないもの、大事にとっておいたけど結局何年も手をつけていないもの調べなおし
子どもの服も「いいお値段だったし」とか「今年買ったばかりだし」なんていう親目線からは着てほしいものでも子どもからするとなにかの理由で着たくなくて着ない服というのも古着に出しました
試し書きをして書けないペン、捨てました
使っていない、使い心地が悪くて使ってなかったカバンも捨てました
ここ数年間でたまった資料やセミナーのメモ書きなども、ほんとに必要なもの以外は捨てました
とっておいたけど、結局見返すこともなかった
ただただ場所だけとっていたこの数年
45リットルのごみ袋4袋、不燃物2袋、古着1袋出しました

あらかた掃除がすんで、部屋を見渡してニヤリ
物をへらすと、部屋の中の音が反響します
その音を聞いてニヤリ(変態の域です・自覚あり)

断捨離しながらYouTubeにてNHKの『うちの家にはなんにもない』のドラマを見ながらさらに動きに拍車をかける
あれくらいの潔さ(ゆるりまいさん)、あこがれです

ほんとに、ほんとに、ほとんど物がない部屋で暮らしたいな・・ただうちは5人家族
家族たちは物が少ないことにべつにヨロコビはないだろうからそれを強要するわけにもいかずで、
みんなも納得できてわたしも快適でいられるギリギリのラインを狙っています


にしても、ほんと物がすくないと明らかにすっきりしている!

片付けが楽
散らかってもすぐほら元通り

あーしあわせ

朝起きた時からすでにしあわせ
夕方家に帰ってきてからもうしあわせ

部屋が広い
5人で3LDKだけど、せまくは感じない

見えない戸棚の中も、わが家は片付いている
そう思うことがとってもとってもしあわせで

買い物に出かけても無駄買いしない自分がいる
不思議なものだ
物がすくないということが、実は自分の持っているものをよーく見せてくれる
物を把握できないくらいたくさん持っているときの方が不足感が高い

片付けをした部屋でテレビを観た
Amazonファイアースティックでドラマの『贖罪』(しょくざい)を

全部で5話あるからまだ観切れていないけれど、
第一話の蒼井優の話の中で出てくる家
あのがらんとした、清潔で物がすくない部屋を観ていてワクワクしちゃった
ワクワクするポイントが違うっての?!

今日は朝からハードだった
7時に家を出て学校へ行き、卒業対策の役員のお仕事(登校してきた子たちから集金ね)
それから役員の話し合いと作業
午後から中学校の説明会
それから世田谷のカフェへ移動
サンフランシスコ在住の高手ハルカさんが日本に帰国していてそのイベントへ
集まった一人一人をリーディングしてくれてスピリットからのメッセージを伝えてくれました

わたしに着物を着た人がついていて、おしゃれを一緒にこれから楽しもうとしているって
着物には若者が持つようなバッグがいいんじゃない?
だけど靴は着物に合わないよって

「おーーーーー!」

図星過ぎて笑いがこみ上げてきました
これからもっともっと普段着のように着物を楽しもうと思っていたわたし
そしていかにもコテコテなコンサバな着こなしでなくて、
ぼうしやタートルネック合わせたりして小物で着物おしゃれをたのしみたいってまさに思っていました
そしてぞうりは結構つかれるから靴も普通の靴はいちゃおうかなーなんて思っていたところだったんです

スピリットはなんでもわかってますね!
あといろいろと日々わたしが心のどこかで思っていたことをズバリご指摘で、
その先の展開もちらっと見せてもらえてほんとうれしくなりました

はい、着物に普通のくつはやめときます
かわいいぞうりと、カラー足袋などの組み合わせにしてみます、スピリットさま♪

ハルカさん、ありがとうございました



しなやかにすこやかに

藤城敦子のページにようこそ! お母さんになっても女性はさらに進化できるもの お母さんは家族の、社会のhappyの中心であると思います そんなしあわせで満ち足りたお母さんになってみませんか 家事・育児に仕事 毎日おつかれさまです! いまのあなたにプラスワン。日常のささいなことに実はステージアップのタネが隠されています 家事、育児、生き方などのコツを伝授いたします 人生これからが本番

0コメント

  • 1000 / 1000