あちゅこ

記事一覧(48)

NAVER3月のあつこまとめ(注:長いです)

やっとのことで落ち着いてPCに迎える日が来ましたずーっと息つく間なしで忙しく、「今日は回転ずし」「明日はステーキランチ」「明後日はふかひれ三昧」「しあさっては・・・」という感じに毎日ごちそうが次々にやってきて、次にもごちそうが用意されていて、とにかく毎日食べる、完食しよう!的な日々でしたブログやフェイスブックなど書きたくとも、そんな時間もゆとりもないいまさら一個づつアップするのも数多いので、こういう自分のまとめサイト風にしてみました今月は長女の卒業式、ミュージカル公演が待っている2大イベントマンスさらには卒対委員という役員をしてまして、その仕事も大詰め2月末に関西へ2泊3日の出張に行っていたのでその疲れの余韻もありましたなんだかもうごった煮状態で始まったことを覚えています3月1週目・銀座でモーニングドゥーラ仲間、福井のゆかりさんと今後について打ち合わせなど『トリコロール』っていう老舗喫茶店に行ったんだけど、レトロ喫茶店やっぱりいいわぁ今年ちょこちょこ都内喫茶店めぐりしてみようかな今はやっているみたいね、女子の間で打ち合わせの後は銀座のLAVAスタジオにてヨガアドバンスクラス上級クラスだから難易度高いポーズいくつかチャレンジ銀座スタジオは広くってきれいで、平日昼間は空いていて快適

女性の時代はしなやかにやってくる~関西講座レポート2日目

続いては2日目の話朝6時すぎに起床起きてから自分のことだけすればいいなんてほんとここは天国でしょうか普段の家事から解放されるわたしを満喫8時前に宿泊場所を出て駅前のダイエーで買い出し今日は料理講座ですここでまた関西びっくりその3・めかぶ売り場は鮮魚コーナーだった(関東では納豆売り場の隣くらいでありません?)・納豆売り場は狭く種類も少ない(全国区の健康食ではあるけれど、関西では肩身せまそうな納豆はん)めかぶがなかなか見つからなくて、スーパー中探しまわったけど見つけられず店員さんに聞きました8時半すぎに参加者であるみほこと待ち合わせして阪急夙川駅よりバスであこがれの苦楽園を目指す(みほことも話はつきずずっとしゃべってる♪)前回の関西講座のレポートでも書いていますが、この苦楽園(超高級住宅街)は女優の石田ひかりさんが子育て中に住んでいたところです彼女の妊娠子育てエッセイをこよなく愛していたので、その中で出てくる『苦楽園』という場所にいたく思い入れのあるわたし講座のためにご自宅を開放してくれたみおさんにまた感謝!彼女なくしては関西講座はありえなかったのですほんとうにほんとうに感謝ばかりですご自宅がまたすてきな場所で、景色最高、アイランドキッチン最高参加者の方、来る人来る人すてきな空間にうっとりでした

新年のめい想会 自分のこともまわりの人のことものアファメーション

1/9火にめい想会をしましためい想と聞いてなにが思い浮かぶでしょう・・「あやしー」かもしんない( ̄∇ ̄)最初わたしは自己流でやってみたけどまったくできませんでした雑念だらけか睡眠時間それからアーユルヴェーダと出会い、『TMめい想』というものがあると知りましたご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、このTMめい想はある儀式を経て(ちょっとそれは宗教儀式的な)、自分だけのマントラを教えてもらって(それはメモしたり他人に言ってはいけないルールがあります)、1日2回(朝・夕)を日課にしましょ~というものでした1日に2回するのはかなりのハードルの高さで(その頃は仕事は超絶忙しく、子供も小さくて夕方はバッタバタでしたんで)、結局思い出したとき時々やる、みたいな感じでしたそしてそれからスピリチュアルスクールに通うようになり、そこでは『誘導瞑想』というめい想の仕方を習いました先生のナレーションにしたがってただただその情景をイメージしていくというもの「これはいい!」とわたしは思いました妄想ガールのあるわたしにはもってこいのめい想です先生たちの情景描写がすばらしく、それも季節に合わせたストーリーとなっているので(冬なら雪景色の田園風景へいざなわれたり、夏だったら青い砂浜、ヤシの木が生えている南の海とか)とっても想像しやすいラインナップですさらにこの誘導瞑想ではさいしょに光を浴びたりするヒーリングの情景があり、それからスピリット(守護霊だったり先祖霊だったり)と会ってメッセージをもらうのですそしてプレゼントももらえてしまうのです(ネックレスだったり、指輪だったり、ペンだったり、剣だったりね)自分が悩んでいることとか、これから進むべき道のヒントなどが散りばめられているのですこれもいきなり深く入れるわけではなくて、毎日ちょっとづつ行うことで深い自分へリーチしやすくなるというものですなのでやっぱり日ごろの努力は必要ですよねーめい想って、寝ているか寝てないかのはざまに入ることだと思いますその微妙な空間は時間も場所も関係ない世界4次元の入り口かしらという感じのめい想、ほんとにいいのでぜひぜひ経験してもらいたいなと思って開催しました特に、お母さんって毎日家のこと子どものこと家族のことと目の前の砂が舞い上がっていますその砂を下に沈め、気持ちを鎮めることができるのがめい想だと思いますお二人参加していただきました場所は今回自宅でなく、おいしいマクロビレストランのお部屋をお借りしましたfoos-shop.p-kit.com/チャクラを開くイメージのナレーションに乗せてめい想し、そのあとは新年ってことで100個のアファメーションを作成しましたただ箇条書きに書いてもさくさく出てくるものではないのでちょっと工夫を紙の上にマトリックスを書いて、縦軸(主語)・・自分⇔まわりの人横軸(感情)・・ワクワク⇔ほっこりという基準でふせんに書いていき、それを貼っていくふせんも、お花と葉っぱを使ったので紙の上にどんどんお花が咲いていく感じ♪

乙女のアフタヌーンティーパーティー@新宿パークハイアット

おいおい、っていうくらいだいぶ前の話・・( ;∀;)やっとブログに書ける時間ができました今日で1月もおわりですが、ほんと忙しく不思議な1か月でしたあっという間のような、いやいや一日一日ぎゅぎゅぎゅーーーと実は詰まってめりめりめりめりと殻をつきやぶってきそうな、そんな日々やることは満載一日はあっという間今日無事終われても、明日のことでまた頭はいっぱいいっぱい一人相撲のことが多い、自作自演で疲れているだけってことばっかりですがそんな日々忙しくてやらなくちゃならないのにエンジンかからない時間できたからこそやろうと思っていたことも、なぜかそれに手がつけられないかんけーないことばっかりやって夕日がはじまっていたり試験前に勉強そっちのけで模様替えするタイプ・・実際そんな経験あり本題です12月に、自分塾参加してくださった方や、お友達などに声掛けしました集まってくれた方々6名♪ご参加ありがとうございましたパーティーの場所は新宿パークハイアット最上階(41階)にあるピークラウンジにて3回ほど行ったことがあるのですが、毎回と~ってもいい気分になるラウンジなのですパークハイアットの1~2階はマホガニー調でダーク&リッチな内装で全体的には暗い雰囲気なのですあっ暗いといってもすてきな暗さね♪そしてエレベーターに乗って41階までしゃーっと上がると(このエレベーターすごく早いっす)そこは天空の城さんさんと明かりが降り注ぐ巨大サンルーム(もっと素敵な言い方したかった)このギャップがいいんだよねーーーここは天井もガラスばりで(全部が全部そうではないけど天窓があったはず)、窓ガラスばっかしの空間晴れた日はスカイツリーに富士山が一望2時間ドリンク飲み放題(もっと素敵な言い方したい)、そして女子憧れの3段ケーキスタンドでサーブされるフード類(これももっと素敵に言いたい)ドリンクはコーヒー、紅茶各種にハーブティーに大和茶(日本茶)もあります1杯が結構大ぶりのグラスで出てくるので、そう何杯も飲めないけど・・と言いながらあたくし、ハーブティー(エクスヘイル/カモミール・レモングラス・オレンジピール・ステビアがブレンドされてます)、大和茶(焙煎かりがね茶)、アイスカプチーノ、と3杯も飲んどるやんけーーーー(笑)

断捨離ってやっぱりすごいのと着物に靴はやめとこかの話

さいきんのこと、徒然日記なんだか「もやー」とする気持ちが続いていましたやらなくてはいけないこと、やるべきこと、そうするほうがいいよね、と思うこといっぱいいっぱい頭の中にあるのですが、体がついてこないそんな日々でしたひとつテンションが下がったこと・・ヒーリングの解剖学テスト、今回不合格でした点数は合格ラインまであと3点でしたその結果を知った時、落胆の気持ちと(あーあ、落ちちゃった)、納得した気持ちと(そんなに勉強ちゃんとしなかったものね、自業自得)、びっくりした気持ちと(勉強しなかった割にボーダーラインのぎりぎりまではいったんだ)、うれしいような気持ちも(実はテストを受けて体のことについての理解が深まって半ば「あー、これで合格しちゃったらきっとこれ以上は解剖学を勉強しようとは思わないよね・・もっとちゃんと勉強もう一回してみたいな」)ということなので、また勉強しなおしですが、なんとなく楽しみな気持ちもあったりな、複雑な乙女?いや妙齢心(笑)いろいろな気持ちがある中で、いきついたのが・・・「そうだ、そうじをしよう」(JRのCM風に)でしたそう思って、そうじをしはじめる物入れ、ウォークインクローゼット、文房具入れなどとにかくどんどん中身を全部出してチェックいらないもの、使っていないもの、大事にとっておいたけど結局何年も手をつけていないもの調べなおし子どもの服も「いいお値段だったし」とか「今年買ったばかりだし」なんていう親目線からは着てほしいものでも子どもからするとなにかの理由で着たくなくて着ない服というのも古着に出しました試し書きをして書けないペン、捨てました使っていない、使い心地が悪くて使ってなかったカバンも捨てましたここ数年間でたまった資料やセミナーのメモ書きなども、ほんとに必要なもの以外は捨てましたとっておいたけど、結局見返すこともなかったただただ場所だけとっていたこの数年45リットルのごみ袋4袋、不燃物2袋、古着1袋出しましたあらかた掃除がすんで、部屋を見渡してニヤリ物をへらすと、部屋の中の音が反響しますその音を聞いてニヤリ(変態の域です・自覚あり)断捨離しながらYouTubeにてNHKの『うちの家にはなんにもない』のドラマを見ながらさらに動きに拍車をかけるあれくらいの潔さ(ゆるりまいさん)、あこがれですほんとに、ほんとに、ほとんど物がない部屋で暮らしたいな・・ただうちは5人家族家族たちは物が少ないことにべつにヨロコビはないだろうからそれを強要するわけにもいかずで、みんなも納得できてわたしも快適でいられるギリギリのラインを狙っています